セールスマネージャーLinyでLINE@販促と顧客管理を便利に!

LINE@で顧客管理や販促CRMを便利にする活用事例ブログ

マーケティング

販促するならメルマガが効果的だという理由

投稿日:

geralt / Pixabay

なぜ、稼ぐ企業はメルマガを活用しているのか?

近藤
ソーシャルデータバンク株式会社の近藤です

今回のテーマは、「なぜ、稼ぐ人は皆メルマガを使うのか?」についてお話します。これは、LINE@を使う以前に、必ず知っておいてもらいたい売上を伸ばすために必要な、とても重要な考え方です。

よくこんな経営者の方がいらっしゃいます。

Facebookが流行っているからやってみたが、どうやってビジネスに活用すればいいのかわからない
Twitterで集客できると聞いたから始めてみたけど、全然人が集まらない

と、トレンドに敏感だけれども、うまく活かせない方が非常に多いです。

いろいろと新しいSNSが生まれ、いろいろなWEB集客法が生まれるのですが、皆さんよく勘違いしています。WEB集客において、「一番肝心なこと」を理解していないので、SNSをやっても、ブログをやっても、ホームページを作っても売り上げや集客が伸びないのです。せっかく、今時間を作ってここまで読んでいただいているので、肝心な方法についてお教えします。なので、しっかりと理解してください。

WEB集客において、多くの人がしてしまう一番間違っていること。

それは…

「今すぐ客を集めようとすること」なんです。

今すぐ客だけを集めるデメリット

geralt / Pixabay

今すぐ客というのは、すぐに購入、もしくは来店してくれるお客さんのことを言うのですが、SNSで今すぐ客は来ないと思ってください。SNSがいいと聞いて、多くの経営者の方がやるのは、「うちの商品はよい」「うちのお店はよい」などと、いきなり宣伝をしてしまうことなんです!この考え方はWEB集客だけに限らず、一般的な集客にも言えるのですが、多くの経営者は今すぐ客を集めようとします。
しかし、現実問題として、今すぐ客は他店とも取り合いの状況になっている事が多いのです。

なぜなら、誰もが、今すぐ購入、今すぐ来店をしたいと考えているお客さんを集客したいと考えるからです。お店や企業からすれば一番欲しいお客さんですが、大手企業などのブランドや価格にはどうしても負けます。多額の広告費をかけて宣伝をし、長年に渡るブランドや多くの人件費をかけて運営をしているので、今すぐ客はそういったお店に行きがちです。

ですので、広告予算が少ない、もしくはあまりかけられないお店や企業は今すぐ客を狙っても、大手企業が取りこぼしたお客さんしか来ません。結果的に、お客さんの数も少ないため、今すぐ客ばかりを狙っていては経営が続かないんです。しかも、集客はどうにかなると考えて起業や経営をしてしまう人がとても多いです。多くの人は、良い商品さえ作れば、人が集まってくれると思っていますが、残念ながら良い商品というだけでは、集客できません。

では、WEB集客においてどんなお客さんを集めるべきか?

それは!「見込み客」なんです。

見込み客を集めて顧客へ変えるプロセスが重要

 

特に中小企業や中小店舗は、見込み客集めをしなければお客さんを継続的に集客することは難しいです。なぜなら、広告費もバンバンかけられるほど資金もありませんし、継続できません。では、どうやってこの見込み客を集めるのか?そもそも見込み客とはどんなお客さんなのか?

それについて説明します。

見込み客とは、「将来的に購入者や来店するお客さんになりそうな人」のことを言います。例えば…

エステサロンの見込み客

silviarita / Pixabay

エステサロンの場合、肌のトラブルに悩んでいる人、もっときれいになりたいと思っている人で、エステの良さはわかっているけれども、エステに通うほどの欲求がまだ高まっていない人のことを言います。

整体院の見込み客

massagenerds / Pixabay

整体院であれば、肩が凝って困っている人や、体の不調を感じている人などで、整体の良さはわかっているけれども、今すぐ来店するほどの欲求が高まっていない人だったり、行くなら病院だと思っている人のことを言います。

これが見込み客です。ここまでは大丈夫ですか?

今すぐ客よりもこの見込み客を集めるほうが断然楽です。なぜなら、今すぐ客よりも、見込み客の方が、圧倒的に数が多いからです。それに加えて、大手などの大企業が狙わないから狙い目です。では、どうやってこの見込み客を集めるのか?

ネットで見込み客を効果的に集める方法

simplu27 / Pixabay

この見込み客を言い換えれば、「関心はあるけど、知識がない人」です。この見込み客集めが、WEBとの相性が非常に良いのです。今までこの見込み客をどのように集めていたのか?

それが、ブログやSNS、メルマガです。例えば、「美容」ブログや「美容」メルマガ、美容情報を発信しているSNS、美容情報を発信しているメルマガだったり、「マッサージ法」ブログやストレッチ法、テーピング法などを紹介するSNSやメルマガです。無料情報というのは、人が興味を持ちやすく気軽に登録してくれます。

そして、一度登録してくれると興味を持って情報に関心を持ってくれ、どんどん知識をつけてくれます。情報発信者に対して興味や関心を高めてくれて、自然に尊敬するようになります。だから、ある程度の関係が高まった時点で商品やサービスを紹介すると、一気に申し込みが殺到します。このようにして、「見込み客を集めて情報を与えること」によって顧客へと教育をすることができるのです。

それに適していたのが、SNSやブログ、メルマガでした。以前は本を書いて出版するという方法もありましたが、本の出版はお金もかかり簡単に出版もできません。対して、無料で多くの見込み客を集められるのがSNSやブログ、メルマガなのです。

だから、無名の人が急に有名になって専門家になったり、お客さんが増えて口コミが増えてどんどん大きなお店になったり、ブログやSNSが人気になり、メディアに取り上げられて
一気に有名になったりといった使い方ができてしまうのです。

しかし、ここで気になるのが、よく無料で情報を提供すると、集客できないのでは?という方もいらっしゃいます。

無料で価値や情報提供を行い、見込み客を「教育する」

Khamkhor / Pixabay

ですが、やはりネットの情報だけでは問題や疑問が解決しないから店舗に行ったり、お店や企業の人に相談して、商品を買います。ですので、無料で情報を提供してしまっても、集客することは可能ですし、商品の購入に結びつけることはできます。だから、今すぐ客を集めるという意識を捨てて、これからは見込み客を集めて、顧客へと育てるという意識で集客を行わなければいけません。

その上で、非常に手っ取り早く始めることができて効果的なツールとされるのが「メルマガ」であり、メールアドレスを登録してもらうことで、お客さんと意図的に、接点を作り
いつでも、お客さんに連絡をすることができ、見込み客に価値のある情報や、メリットを与えて、関係性を築き、顧客にすることが可能になるのです。

このように、お客さんの連絡先を入手して、関係性を構築し、顧客に引き上げる活動のことを「リストマーケティング」と言います。業種業界を問わず、稼ぐ人はリストマーケティングが上手です。

情報発信を積極的に行うことで、競合他社との違いや、差別化が行え選んでもらう理由と動機をお客さんに「教育」することができます。だからこそ、稼ぐ人はこぞってメルマガを使って、情報発信を行い効果的に売上を伸ばしていたのですが、最近ある現象が問題視されてきています…。

メルマガの効果が年々減少している事実

kalhh / Pixabay

それは、これまで効果的だったメルマガですが、数年前と比べて、年々その効果が薄くなってきているということです。今回はお伝えした情報量が多くなってしまったので、また次の記事でで、なぜ効果的だったメルマガが使えなくなってきたのか?その理由についてお伝えいたします。これから、メルマガを始めようとしている方や実際にメルマガを使っていて、確かに、反応が落ちてきているかもしれない…と感じている方は、次の記事の内容を絶対に見逃さないでくださいね。

 

  • この記事を書いた人
marketk

近藤 剛

WEBマーケター/マーケティングライター LINE@の機能をより便利にする、顧客管理システム「LINEセールスマネージャーリニー」の営業やマーケティング戦略を担当。企業に導入のサポートやアドバイスを行っている。 WEB販促ブログも運営中。

注目記事

673view

LINE@経由のWEBページアクセス数をアナリティクスで知りたい LINE@を運用していると、メッセージの中でリンクを送ったりする事があります。 その時に、どのぐらいのユーザーがLINE@からリンク先 ...

431view

LINE@を使って「顧客化・再来店・再購入」を効率よく手軽に実現できる、LINEマーケティングオートメーションツール「LINE セールスマネージャー Liny(リニー)」の代理店パートナーを弊社で募集 ...

-マーケティング
-, ,

Copyright© LINE@で顧客管理や販促CRMを便利にする活用事例ブログ , 2018 All Rights Reserved.