セールスマネージャーLinyでLINE@販促と顧客管理を便利に!

LINE@で顧客管理や販促CRMを便利にする活用事例ブログ

「 marketkの記事 」 一覧

138view

2018/6/26

LINEを使ったマーケティング戦略と活用、オートメーション化の重要性

マーケティングオートメーションツールの導入が加速化する理由 ソーシャルデータバンク株式会社の近藤です。 普段マーケティング担当者の方は、重くのしかかる組織からの期待を背負い、日々困難な目標に挑戦しているかと思います。 わたしも組織の中で、マーケティングの一端を担っているため、より短い期間で成功を収めることを期待されている見えないプレッシャーと戦っています。 そして、この記事を読まれているあなたは、 デジタル時代において、あらゆるものが計測可能になったいま、自分が出した効果を数字で証明しなければならないとい ...

50view

2018/6/26

販促expo2018夏にLINE@で顧客管理と販促ができるツールLinyが出展決定

リードエグジビションジャパン主催の「販促expo2018夏」に弊社ソーシャルデータバンクのLINEツールLiny(リニー)が出展決定致しました。 前回、「2018年Japan IT Week 春」(5月9日~11日)へも出展致しましたが、多くの企業様と情報交換ができ、貴重な体験となりました。 今回もLINE@やSNSの活用を考えている企業様との交流ができればと考えております。 すでにリニーの導入企業様は500社を突破し、毎月バージョンアップを繰り返しているリニーですが、新しい機能がどんどん追加されています ...

137view

2018/6/14

LINE@リッチメニューの活用事例「すしざんまい」

LINE@の活用法をリサーチするために、常日頃からいろんな企業様のLINE@へ登録してみては、どのような運用をされているのか?を観察しています。 今回、面白い事例として「すしざんまい」のLINE@活用法が面白かったため、参考事例としてご紹介したいと思います。 店員さんのLINE@登録アナウンスが秀逸 先日、営業のさなか、お昼ご飯にと浅草のすしざんまいへ訪れました。 その際に、カウンターで「LINE@友だち」を募集しているというPOPがあることに気づき、友だち追加してみました。 店員さんも親切に、「LINE ...

98view

2018/6/14

LINE@で顧客管理やセグメントを効果的に行う方法

LINE@を活用する上で重要なのが「顧客の管理」です。 LINE@上で適切に顧客管理を行うことで、お客様の対応をよりスムーズなものにすることができます。 逆に顧客管理がうまくできていないと、運用担当者が混乱し、適切なチャット対応ができなくなってしまいます。 これではお客様からのお問い合わせが増えたり、チャット対応をする時に、複数のスタッフで対応したり、メッセージの内容をお客様ごとに管理することが難しく、大きな機会損失を生みかねません。。。 LINE@はお客様とパーソルなコミュニケーションを取る上では、どん ...

31view

2018/5/30

LINE@の管理画面へログインする方法

今回は「LINE@の管理画面へログイン」するページについてご紹介いたします。 LINE@管理画面へのログインURL ネットで検索するけれども、見当たらないというLINE@運用担当者の方は、下記のURLよりLINE@の管理画面である、「LINE@マネージャー」へアクセスしましょう。 LINE@の管理画面へログインURL URLをクリックし、登録メールアドレスとパスワードを入力するとログインができます。 スマホからLINE@へログインする場合 スマホからLINE@への管理画面にログインする場合は、LINE@の ...

163view

2018/5/29

ユーザー属性や行動で表示切り替えができるLINE@セグメントリッチメニューの活用事例

LINE@の有料プランで利用できる機能に、「リッチメニュー」というものがあります。 これはどんな機能なのかというと、LINEのトーク画面の下に、バナーのようなメニューを表示することができます。 メリットとしては、目立つ位置に表示されるため、ユーザーに気づいてもらいやすく、高いクリック率でコンテンツへ誘導ができる…というものです。 LINE@の運用で成果を出している企業のアカウントはどれもリッチメニューを積極的に使っている印象があります。 ですので、まだリッチメニューを使っていない…という方は、ぜひ活用して ...

91view

2018/5/22

フォーム入力率やカゴ落ち対策ができるLINEチャットボット型フォームとは?

セールスマネージャーLiny(リニー)に強力な新機能が実装されます。 その名も「LINEチャットボット型フォーム」です。 この機能を活用することで、 簡易的にセグメント情報を獲得できる LINE@に入った時点でセグメントがされる フォーム入力率がアップする …といったメリットがあります。 慣れ親しんだチャットインターフェイスで入力を補助 従来型のフォームだと、お客様が入力する際にちょっとした手間になってしまったり、 入力する項目がどこにあるのかわからないまま離脱してしまったり…という問題があるのですが こ ...

111view

2018/5/14

ハブスポットとLINE@を連携させる方法

LINE@とマーケティングオートメーション(MA)ツールを連携する事で、自社のデータベースに蓄積された顧客情報を元に、LINE@でメッセージを送りたい…という企業も増えてきています。 WEBでの行動履歴や、購入や取引の回数を元に、セグメント化されたメッセージをメールだけでなく、到達率と開封率の高いLINEメッセージで送れた方が効果的だからです。 最近ではSatori(サトリ)、KARTE(カルテ)、セールスフォースなどのメジャーなMA・CRMツールの開発企業が、LINE連携の機能を実装し始めています。 弊 ...

48view

2018/5/14

東京ビックサイトリードエグジビション ジャパン株式会社主催「2018年Japan IT Week 春」にブース出展!

5月9日~11日の3日間。東京ビックサイトにて、弊社ソーシャルデータバンク株式会社が提供するLiny(リニー)のブースを出展致しました。 お話する中で、まだLINE@を活用されていない方や、LINE@を活用しているけれども、上手く使いこなせていない…という方も多く、現場で直接、課題を抱える企業の経営者様やご担当者様のお話が聞け、ツール開発の参考になりました。 驚いたのが、多くの経営者がLINE@を詳しく知らない…というのが衝撃でした。 LINE@を知らないのは損!まだメール主体のマーケティングで気づかぬ機 ...

174view

2018/5/8

LINE@の運用効果を高めるセグメント配信の重要性

LINE@での運用でより高い効果を出すために必要なポイント、それが顧客をセグメント(仕分け・分類)したメッセージ配信です。 今回は「セールスマネージャーLinyを使ったセグメント配信」について解説します。 そもそも、なぜLINE@でのセグメント配信が重要なのか? その前に、なぜLINE@でのセグメント配信が運用の効果を高めるために重要なのか?という事について解説致します。 まず、「セグメント」とは、マーケティング用語で、 市場の中で共通のニーズを持ち、製品の認識の仕方・価値づけ・使用方法、購買に至るプロセ ...

Copyright© LINE@で顧客管理や販促CRMを便利にする活用事例ブログ , 2018 All Rights Reserved.